FC2ブログ

記事一覧

消費税と住宅ローン

みなさんおはようございます。
お正月が過ぎ1月もそろそろ終わろうとしています。
インフルエンザの猛威も凄いのでできるだけ人混みを避けて体調管理に気をつけたいですね。

さて今年の10月1日から消費税か上がることはもうみなさんご承知のことだと思いますがその中で家を買うことにおいて住宅ローン減税、すまいの給付金など増税前に家を買うか増税後にするかどちらがお得なのかは微妙な選択とも言えます。

いずれにしても私は家づくりは慌てず、焦らず、急がず、しっかりと考えるとと申し上げてきました。

そこで今消費税以上に敏感になっていてもらいたいのが住宅ローンの金利です。
住宅ローンの金利によって毎月の返済金額は違ってきます。
私がこの業界に入ったのが37年前ですが当時の住宅ローンの金利は今でも覚えていますが一番高いときで8.5%でした。
仮に現在の金利1%として2500万円借りたとして毎月116000円も違います。これはあまりにも時代錯誤の話しになりますが0.1%違えば35年間で490000円ほど1%違えばなんと5140000円ほども違ってきます。
いかに住宅ローンの金利に対して注意深く神経をとがらせなければならないかご理解頂けると思います。
そして家を買えば終わりではありません、それから長い間続く住宅ローンを支払い続けながらの生活設計をしていかなければなりません。
住宅ローンを支払い終わるまでには子育て、子供の教育費、車の買い替え、家のメンテナンス、税金などなどいろんなお金の出費があります。
そこを踏まえて住宅ローンをいくら借りて、いくらなら安心して毎月返済していけるかの判断は普通の人がするのは難しいと思いますので安心、安全な計画をする『ライフプラン』をたててもらうことをお勧めします。

是非目先の金額やあおり言葉に惑わされず人生設計をしてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント