記事一覧

父の命日

みなさん、おはようございます。

今日は父が他界して三年となります。

生前父が自分で田んぼのぼたに植えて嬉しそうに観賞していた紫陽花をお墓に供えてきました。

通院、闘病中からを思い起こすととても長い時間が過ぎたように感じます。まだ三年か!そんな感覚が本音であります。

父はいつも会社の現場を廻ってゴミなどの掃除片付けをやってくれていたので有りがたいことに現場はいつも整理されていました。

そうした父の仕事ぶりは今でも現場で受け継がれています。

時には自分で育てた季節の野菜を社員や業者さんに配っていました。

お爺さんの作ったネギは最高と社員が言っていたことをついこの前のように思い出します。

こうして生前のことを思い出すことが先祖の供養になるとうちのお寺の和尚様が言っておりました。

とても地味でしたが私にとってはとても偉大な親父でした。

これからも赤ちゃんがハイハイできる現場を目指してお客様の幸せいっぱいの家づくりをしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント